CAMP BLOG
2分で読めるショートブログ!炭の火おこしも簡単にできる焚き火台!

炭の火おこしに関するキャンプの悩みを解決します。
このショートブログを読むと、焚き火も楽しめて炭の火おこしも簡単にできる方法を見つけることができます。
今まで炭の火起こしが苦手でストレスになっていたあなた!
キャンプでのストレスを解消するきっかけが、このブログの中にあります。

炭の火おこしを簡単にする方法

キャンプでバーベキューをするならガスより炭がおすすめです。
その理由は、ガスはお家でも使えますが、炭は室内では使えません。
何よりも炭の方が、お肉をおいしく焼くことができます。
そうすると、炭を使う場合は炭に火を起こす必要があります。
炭への着火は、経験した方は分かると思いますが、かなり大変です。
うちわや火吹き棒といったもので、空気を送らないといけません。
しかし、炭の火起こしを簡単にする方法があります。
その方法は、あるキャンプ道具を使用することです。
そのキャンプ道具とは、炭火起こし器とウッドストーブです。
この2つのキャンプ道具の特徴ですが、下方にある空気穴から風が流れて、上昇気流により空気が循環する造りとなっていることです。
この煙突効果を利用した造りにより、炭に簡単に着火することができるのです。
炭火起こし器とウッドストーブの違いは、仕組みは同じですが目的が異なることです。
炭火起こし器は、あくまで炭への着火が目的です。
ウッドストーブは、現地で調達できる自然にある小枝を燃やして暖をとったり、安定した火力でキャンプ料理を楽しむことを目的とした造りとなっています。
また、通常の燃焼で発生した不燃性のガスを熱した空気で、再び引火させる二次燃焼と呼ばれる現象により、きれいな炎を楽しめることも特徴です。
二次燃焼は、煙も焼き尽くすため白煙も少なく、ある程度の湿気を含んだ燃料も燃やしてくれます。
さらに、炭火起こし器よりもお洒落なデザインでカッコいいです。
これらの理由から、炭火起こし器よりもウッドストーブをおすすめします。
したがって、炭の火起こしを簡単にする方法は、ウッドストーブというキャンプ道具を使用することです。
それでは、炭の火起こしを簡単にするウッドストーブを紹介していきます。

炭の火おこしにおすすめの大型ウッドストーブ

Rigalle Mercury 高速スピード炭火起こし ウッドストーブ大型 直径20㎝x高さ31㎝
とにかく綺麗な炎でよく燃える!

二次燃焼により、よく燃えるため炭の火おこしが簡単にできます。
自然にある小枝や薪を使って二次燃焼により綺麗な炎で暖をとったり、安定した火力でキャンプ料理を楽しむことができるのがウッドストーブの最大の特徴です。

 

 

まとめ

炭の火起こしが簡単にできるキャンプ道具を紹介しました。
炭火起こし器とウッドストーブがありますが、目的がひとつである炭火起こし器よりも特徴が多いウッドストーブをおすすめします。
この便利なウッドストーブで、あなたのキャンプでのストレスをひとつ解決すると同時にキャンプの楽しみを増やしてみましょう。

おすすめの記事